従来、人事業務、給与業務の個別業務ごとに管理されていたデータを一元管理し、当該データを相互利用することで、人事情報処理、給与情報処理、考課査定等の効率・効果的な業務運営をバックアップします。内部業務全体の正確性、効率性の向上を実現するトータルシステムです。

人事給与システムの特長

データの一元管理による業務の
正確性・迅速性の向上
従来、人事業務、給与業務の個別業務ごとに管理されていたデータを一元管理し、当該データを相互利用することで当該内部業務全体の正確性、効率性の向上を実現したシステムです。
各業務システムとの連携による
業務高度化の実現
他社システム等との連携も柔軟に行うことが可能であり、財務会計システム等ともシームレスなデータ連携を行うことが可能です(他社システムの場合、インタフェースの構築が必要)。
柔軟・迅速な制度改正への対応
本システムはパッケージシステムであり、制度改正等によるシステム改修も一律に施すため、コスト節減を図ることが可能です。また、本システムでは、改修工数を極小化するよう設計されているため、迅速な対応及びコストの節減に大きく寄与致します。
高い操作性、充実した
エンドユーザコンピューティング
本システムはユニバーサルデザインに配慮し、情報リテラシーに依存することなく、どなたでも簡易な操作性を実現致しました。また担当者様自身が自由にデータ抽出することができ、各種統計資料を迅速に作成することが可能です。

他システムとの連携

人事情報の連携 人事システムで設定した機構改革を財務会計、グループウェア等に連動させることが可能です。
人事システムで内示を行い、発令と同時に職員情報を財務会計に連動が可能です。
予算情報の連携 給与システムで予算付けした内容を財務会計の「予算編成見積入力」へ反映できます。
財務会計から給与システム側へ「補正予算の結果」や「予算残額」のデータ取得が可能です。
共済業務との連携 共済組合費はシステム内で自動計算するため、請求情報をシステムに取込む必要はありません。
共済組合へ提出する異動報告や共済貯金は、紙にも電子媒体にも出力することが可能です。
社保業務との連携 毎月の処理データと連動して社会保険事務所へ提出する異動報告は、FD・MOで作成できます。
社会保険事務所提出用の様式にて該当者一覧を出力することが可能です。
ページの先頭に戻る

株式会社 ジーシーシー あったらいいなをあるべきものに 自治体のソリューションパートナーGCC