HOME

環境

太陽光発電やLED照明、CO2削減など、
地球温暖化防止活動に努めています

当社は、環境省の推進する低炭素社会の実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に参加し、温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。

太陽光発電の導入

2013年5月に完成した『天川ファクトリエ』では、「前橋市事業用太陽光発電設備設置補助金」制度による補助を受け、大規模な太陽光発電を設置しました。屋根の傾斜部分に設置された600枚の太陽光発電パネルから、1年間に約162,000kwhの発電量が期待されます。この太陽光発電によるCO2排出削減量は、年間約50t、一般家庭のCO2排出量に換算すると、約10年分の値に相当します。

LED照明の導入

節電効果が高いと言われるLED照明を導入することにより、従来の蛍光灯から電気料の半減を目指しています。

■LED照明

グリーンカーテンの導入

夏場の日差しを和らげるために、「グリーンカーテン」を導入し、オフィスでの節電と省エネに取り組んでいます。 これにより、室内温度の上昇を抑えています。

■グリーンカーテン

CO2削減に係る取り組みの実施

1

エコキャップ運動への取り組み

ペットボトルのキャップを再資源化することで「地球環境を改善」し、「世界の恵まれない子供たちにワクチンを届ける」エコキャップ運動に取り組んでいます。
NPO法人エコキャップ推進協会では、そのキャップを集め、リサイクル業者が買取り、収益金をNPO法人「世界の子供にワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付しています。
また、キャップを再資源化することで、焼却時に発生するCO2 を減らし、再び市場に戻しています。

■エコキャップ推進協会の
キャッチフレーズ

■ペットボトルのキャップ

2

カーシェアリングの実施

CO2排出量削減のためにカーシェアリング制度を導入し、地球温暖化防止に取り組んでいます。

■カーシェアリング

3

電気自動車の導入

電気自動車を導入し、CO2の発生を抑え、地球温暖化防止に取り組んでいます。

■電気自動車

ページの先頭に戻る

株式会社 ジーシーシー あったらいいなをあるべきものに 自治体のソリューションパートナーGCC